水原一平被告の爆売れ必至“大谷暴露本”出版秒読み?カネ盗み歯科費用すらネコババした性根

公開日: 更新日:

 手際がいいというのか……。

 ドジャース大谷翔平(29)の元通訳・水原一平被告(29)が銀行詐欺罪などで米連邦検察に起訴されるなか、米国では早くもドラマ化の動きが本格化しているという。

 日本時間10日、米国とカナダを拠点とする映像制作会社のライオンズゲート社が大谷と水原被告の騒動を題材にしたドラマの制作を発表。同社によると「信頼と裏切りの物語」になるという。

 ドラマを作るにあたって、大谷はもちろん、水原被告も制作に関わることはないだろう。裁判を控える立場の人間が、事件の中身をペラペラと第三者に漏らすとは考えづらいからだ。

 ただ、判決が下りて何年間か収監が決まったら、話は別ではないか。米メディア関係者はこう言う。

「水原被告は大谷の口座から26億円ものカネを盗んだ上に、脱税によって約1億8000万円を追徴課税される見通し。ただ、違法賭博で巨額のカネを溶かした同被告に財産が残っているとは思えません。仮に大谷が26億円の損害回収を放棄したとしても、国に支払う税金は逃れられない。同被告は顔が売れている上に、大谷翔平というスターを裏切った男。出所後にまともな仕事に就くのは簡単ではないだろう。1億8000万円ものカネを捻出するには、それこそ暴露本を出すか、暴露系動画配信者になるしかないでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず