• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柊子 ヒロイン抜擢も謙虚な覚悟「自分はひょっとこ顔」

 まさに「朝ドラ」ドリーム――。15年上半期のNHK朝ドラ「まれ」でヒロインの“いびり”役として抜群の存在感を見せた女優の柊子(24)が、時代劇のヒロインに大抜擢だ。静かに、謙虚に、自身に問いかけるように「いま」を語った。

■女優として最も感じているのは「覚悟」

 11月中旬、日光での撮影現場にお邪魔した。BSジャパン開局15周年特別企画 火曜スペシャル「山本周五郎人情時代劇」第9話の「しじみ河岸」(2016年2月2日夜9時~)のクランクイン初日。カメラの前に立った彼女は、むっつり顔の「陶子サン」の面影は消え、生き惑う長屋の娘の表情になっていた。

「お絹さんという女性が抱えている悲哀はひと言では表せない。私が120%演じ切るなんてことは到底考えられません。ただ、お絹さんに初めて会ったのは原作であり、その時の自分の心の動きを大事にしようと思い、台本とあわせて小説も常に持ち歩いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る