日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柊子 ヒロイン抜擢も謙虚な覚悟「自分はひょっとこ顔」

 まさに「朝ドラ」ドリーム――。15年上半期のNHK朝ドラ「まれ」でヒロインの“いびり”役として抜群の存在感を見せた女優の柊子(24)が、時代劇のヒロインに大抜擢だ。静かに、謙虚に、自身に問いかけるように「いま」を語った。

■女優として最も感じているのは「覚悟」

 11月中旬、日光での撮影現場にお邪魔した。BSジャパン開局15周年特別企画 火曜スペシャル「山本周五郎人情時代劇」第9話の「しじみ河岸」(2016年2月2日夜9時~)のクランクイン初日。カメラの前に立った彼女は、むっつり顔の「陶子サン」の面影は消え、生き惑う長屋の娘の表情になっていた。

「お絹さんという女性が抱えている悲哀はひと言では表せない。私が120%演じ切るなんてことは到底考えられません。ただ、お絹さんに初めて会ったのは原作であり、その時の自分の心の動きを大事にしようと思い、台本とあわせて小説も常に持ち歩いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事