絶好調「あさが来た」 波瑠のギャラはどこまでハネ上がるか

公開日:  更新日:

 波瑠主演のNHK朝ドラ「あさが来た」が絶好調。今週も視聴率が24%を超えるなどさらに勢いがついている。ここ10年の全話平均視聴率では、吉高由里子主演の「花子とアン」(14年)の22.6%、杏の「ごちそうさん」(13年)の22.4%、シャーロット・ケイト・フォックスの「マッサン」(14年)の21.1%がベスト3だが、「あさが来た」はそれを超える可能性も出てきた。

 ドラマの中で波瑠演じる「あさ」の口癖「びっくりポン!」は流行語大賞の有力候補で、話題性だらけ。今年もっともブレークした女優という見方もできる。

 そこで気になるのが波瑠のギャラだ。“全国区の女優”になったことでこれからどれだけ収入が増えるのか。

「朝ドラのギャラは1回の放送時間が短いし、民放よりも安いのは周知の事実です。今はおそらく1回10万円から15万円くらいでしょう。これで民放の1時間ものの連ドラに出たらどうなるかですが、大きな期待ができないのは、波瑠がこれまで民放で主役を張ったことがないので、いきなり米倉涼子のような推定200万円超ということはありません。最もギャラを出すのは不調続きのフジテレビです。人気女優を起用してヒットを狙いたいからで、1回100万円超も考えられます。次にテレ朝で70万円程度、もっとも出さないのは日テレで50万円程度ではないか」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る