絶好調「あさが来た」 波瑠のギャラはどこまでハネ上がるか

公開日:  更新日:

 波瑠主演のNHK朝ドラ「あさが来た」が絶好調。今週も視聴率が24%を超えるなどさらに勢いがついている。ここ10年の全話平均視聴率では、吉高由里子主演の「花子とアン」(14年)の22.6%、杏の「ごちそうさん」(13年)の22.4%、シャーロット・ケイト・フォックスの「マッサン」(14年)の21.1%がベスト3だが、「あさが来た」はそれを超える可能性も出てきた。

 ドラマの中で波瑠演じる「あさ」の口癖「びっくりポン!」は流行語大賞の有力候補で、話題性だらけ。今年もっともブレークした女優という見方もできる。

 そこで気になるのが波瑠のギャラだ。“全国区の女優”になったことでこれからどれだけ収入が増えるのか。

「朝ドラのギャラは1回の放送時間が短いし、民放よりも安いのは周知の事実です。今はおそらく1回10万円から15万円くらいでしょう。これで民放の1時間ものの連ドラに出たらどうなるかですが、大きな期待ができないのは、波瑠がこれまで民放で主役を張ったことがないので、いきなり米倉涼子のような推定200万円超ということはありません。最もギャラを出すのは不調続きのフジテレビです。人気女優を起用してヒットを狙いたいからで、1回100万円超も考えられます。次にテレ朝で70万円程度、もっとも出さないのは日テレで50万円程度ではないか」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る