井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

公開日: 更新日:

 元俳優の若林志穂による性加害の告発があり、加えて意図的なものかどうか若林が加害相手Nさんの実名を長渕剛とSNSに投稿した同じ日、長渕剛が出演したネット番組の第1弾が公開された。何を語るか注目が集まる中、批判派と擁護派との言い争いも加速。ネット中が荒れているかのような大炎上となった。

 そうした中で目立ったのが、「長渕が何を言っているのか意味がよくわからない」という書き込みだ。この原稿にそなえて番組での発言で重要と思われる箇所を書き起こしてみたが、確かに話し始めと終わりが対応していなかったり、話の途中で微妙にズレて質問と答えの着地点に違和感を覚えることがしばしばあった。

 作詞とインタビューの受け答えとは勝手が違う、アーティストやアスリートが必ずしも話し上手ではない。これらは重々承知の上で、それでも意外に不器用だという印象が残っている。文字にして読んでそうなのだから、テロップを頼りに音で聞くだけでは何を言っているのかつかめずに、混乱する視聴者がいても不思議はない。

 ハイライトとなったのは、マスコミについて語った時だ。「人の心を踏みにじり」「事実だけを書き立てて、真実を」封じ込めてしまう。マスメディアは「暴力より強烈」「卑劣であり」「死にたくなるような人の心の中に突っ込んでくる」と持論を述べると賛否が渦巻いた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮