• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大泉洋、藤本隆宏…NHK「真田丸」朝ドラ俳優“大量投入”の勝算

「史上最低視聴率の大河ドラマ」になりそうな「花燃ゆ」の汚名を返上すべく、来年の「真田丸」については、NHKがある“秘策”で臨んでいることが分かった。大河とは対照的に好調だった「あまちゃん」以降の朝ドラの俳優を続々投入しているのだ。

「『真田丸』は早々に堺雅人の主役起用が発表されて以降、桂文枝や竹内結子、山本耕史など主要キャストがさみだれ式に報じられるので、なかなか気づきませんが、実は朝ドラ俳優が軒並み投入されているんです。ザッと見渡しただけでも、『マッサン』の温水洋一、『花子とアン』の藤本隆宏、『まれ』の大泉洋、草笛光子、小日向文世、現在の『あさが来た』と『ごちそうさん』に出ていた近藤正臣、さらに木村佳乃も『あさが来た』組です。朝ドラで茶の間の人気者になった俳優を大量投入することで、視聴率の底上げを狙う作戦でしょう」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事