16年春の朝ドラ「とと姉ちゃん」 “大抜擢”脚本家にかかる重圧

公開日: 更新日:

 高視聴率が続いているNHKの連続テレビ小説。16年春スタートの作品が26日に発表された。タイトルは「とと姉ちゃん」。父親のかわりに母と2人の妹を守り、激動の昭和を駆け抜ける家族の物語。モチーフにしているのは雑誌「暮しの手帖」の創業者らの軌跡だ。

 ヒロインについてはこれからだが、タイトルと同時に脚本担当も発表され、NHKの「ママさんバレーでつかまえて」や「実験刑事トトリ」などのドラマを手がけた西田征史氏。これまで映画化された小説「小野寺の弟・小野寺の姉」を上梓し、日テレの連ドラ「怪物くん」などの脚本も担当したが、注目度はイマイチ。「大抜擢」というのが素直な声だ。

「朝ドラは10年春の『ゲゲゲの女房』からずっと好調で、それがいつストップするかがテレビ界の注目ですが、ここで途切れる可能性ありですね。西田氏はもともと漫才コンビをやっていて解散したお笑いの人で、これまでは不思議な作品が多い。それで昭和を代表する『暮しの手帖』という正統派の雑誌をモチーフに“人情喜劇”にするというからバラバラな感じがする。奇をてらった作りでヒットした2年前の『あまちゃん』狙いの印象ですが、うまくいくか疑問です」(マスコミ関係者)

 後はヒロイン次第で、発表が楽しみ――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  6. 6

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  7. 7

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る