16年春の朝ドラ「とと姉ちゃん」 “大抜擢”脚本家にかかる重圧

公開日:  更新日:

 高視聴率が続いているNHKの連続テレビ小説。16年春スタートの作品が26日に発表された。タイトルは「とと姉ちゃん」。父親のかわりに母と2人の妹を守り、激動の昭和を駆け抜ける家族の物語。モチーフにしているのは雑誌「暮しの手帖」の創業者らの軌跡だ。

 ヒロインについてはこれからだが、タイトルと同時に脚本担当も発表され、NHKの「ママさんバレーでつかまえて」や「実験刑事トトリ」などのドラマを手がけた西田征史氏。これまで映画化された小説「小野寺の弟・小野寺の姉」を上梓し、日テレの連ドラ「怪物くん」などの脚本も担当したが、注目度はイマイチ。「大抜擢」というのが素直な声だ。

「朝ドラは10年春の『ゲゲゲの女房』からずっと好調で、それがいつストップするかがテレビ界の注目ですが、ここで途切れる可能性ありですね。西田氏はもともと漫才コンビをやっていて解散したお笑いの人で、これまでは不思議な作品が多い。それで昭和を代表する『暮しの手帖』という正統派の雑誌をモチーフに“人情喜劇”にするというからバラバラな感じがする。奇をてらった作りでヒットした2年前の『あまちゃん』狙いの印象ですが、うまくいくか疑問です」(マスコミ関係者)

 後はヒロイン次第で、発表が楽しみ――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る