16年春の朝ドラ「とと姉ちゃん」 “大抜擢”脚本家にかかる重圧

公開日:  更新日:

 高視聴率が続いているNHKの連続テレビ小説。16年春スタートの作品が26日に発表された。タイトルは「とと姉ちゃん」。父親のかわりに母と2人の妹を守り、激動の昭和を駆け抜ける家族の物語。モチーフにしているのは雑誌「暮しの手帖」の創業者らの軌跡だ。

 ヒロインについてはこれからだが、タイトルと同時に脚本担当も発表され、NHKの「ママさんバレーでつかまえて」や「実験刑事トトリ」などのドラマを手がけた西田征史氏。これまで映画化された小説「小野寺の弟・小野寺の姉」を上梓し、日テレの連ドラ「怪物くん」などの脚本も担当したが、注目度はイマイチ。「大抜擢」というのが素直な声だ。

「朝ドラは10年春の『ゲゲゲの女房』からずっと好調で、それがいつストップするかがテレビ界の注目ですが、ここで途切れる可能性ありですね。西田氏はもともと漫才コンビをやっていて解散したお笑いの人で、これまでは不思議な作品が多い。それで昭和を代表する『暮しの手帖』という正統派の雑誌をモチーフに“人情喜劇”にするというからバラバラな感じがする。奇をてらった作りでヒットした2年前の『あまちゃん』狙いの印象ですが、うまくいくか疑問です」(マスコミ関係者)

 後はヒロイン次第で、発表が楽しみ――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る