広がる物色の裾野 関連銘柄急騰“ポケモンGO相場”の危うさ

公開日: 更新日:

 東京株式市場の任天堂「ポケモンGO」フィーバーは、とどまるところを知らない。市場関係者いわく「ポケノミクス相場」。異常なほどで、個人投資家は乗せられると痛い目に遭う。

「今の株式市場にはポケモン以外にこれといったテーマがない。だから過熱しているだけで、ハゲタカやハイエナによるマネーゲームの様相を呈しています」(外資系証券会社関係者)

 19日の任天堂株の終値は、前週末比3990円高の3万1770円。米国などでポケモンGOの配信が始まった今月6日の終値(1万4380円)から2倍以上に急騰している。

 関連銘柄もすごい。子会社がポケモンのアニメを制作しているイマジカ・ロボットHD株のきのうの終値は、ストップ高の903円(前週末比150円高)。子会社がポケモンのエンタメ施設を運営しているサノヤスHD株も、ストップ高の517円(同80円高)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

  10. 10

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

もっと見る