「ポケモンGO」で犯罪者逮捕? 米警察のFB投稿が話題に

公開日: 更新日:

 米国で空前のブームになっている「ポケモンGO」、さまざまな波紋が広がっていると報じられているが、犯罪捜査にも役立つかも?

 今月17日、米ニューハンプシャー州マンチェスター市警のフェイスブックにこんな呼びかけが投稿された。

「全地域のポケモンGOプレーヤーのみなさん、ご注目! 本署内の容疑者逮捕手続きを行う場所で『リザードン』を見つけました。リザードンは希少なキャラなので、人数限定でゲットできるよう招待いたします。次のリンクのリストに名前が載っていたら、あなたはラッキー。署に来てリザードンをゲットしてください。急がないとリザードンが逃げてしまうよ」

 このリストに載っている約500人、実は指名手配を受けて逃亡している容疑者たち。レアなポケモンでおびき寄せて、逮捕しようという試みだ。残念ながら、これまでのところ同市警にゲットされた容疑者はいないが、この試み、人々にバカ受け。わずか2日で3万3000以上の「いいね!」が押されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  8. 8

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    コース設定から賞金にまで…全米OP主催のUSGAに不満噴出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る