世界中で混乱続出…大ヒット「ポケモンGO」の落とし穴

公開日: 更新日:

 今月6日にアメリカ、豪州、ニュージーランドでサービスが始まったスマホ用ゲーム「ポケモンGO」(写真=AP)が、世界各地で社会問題になっている。利用者が熱中するあまり、ケガ人が続出し、利用者を狙った強盗事件まで起きている。

 アメリカではアプリランキングでトップを走り、ダウンロード数はすでに1000万を突破したという。

「ポケモンGO」は、GPSを活用し、プレーヤーが、ゲームが指定した場所を実際に訪れて架空の生き物「ポケモン」を画面上で確保するゲーム。ポケモンが現実世界に存在しているかのような感覚を体験できる。

 アメリカでは、家にこもりがちだった子供がスマホを片手に外に出かけるようになり、イラクの前線でイスラム国と戦う米兵たちも楽しんでいるというから半端じゃない面白さなのだろう。その“中毒性”は何なのか。ITジャーナリスト・井上トシユキ氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る