世界中で混乱続出…大ヒット「ポケモンGO」の落とし穴

公開日:  更新日:

 今月6日にアメリカ、豪州、ニュージーランドでサービスが始まったスマホ用ゲーム「ポケモンGO」(写真=AP)が、世界各地で社会問題になっている。利用者が熱中するあまり、ケガ人が続出し、利用者を狙った強盗事件まで起きている。

 アメリカではアプリランキングでトップを走り、ダウンロード数はすでに1000万を突破したという。

「ポケモンGO」は、GPSを活用し、プレーヤーが、ゲームが指定した場所を実際に訪れて架空の生き物「ポケモン」を画面上で確保するゲーム。ポケモンが現実世界に存在しているかのような感覚を体験できる。

 アメリカでは、家にこもりがちだった子供がスマホを片手に外に出かけるようになり、イラクの前線でイスラム国と戦う米兵たちも楽しんでいるというから半端じゃない面白さなのだろう。その“中毒性”は何なのか。ITジャーナリスト・井上トシユキ氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る