西武ライオンズ居郷肇社長<4>仲間を見て感じたプロへの壁

公開日:

 西武ライオンズ社長の居郷肇は、2011年3月に球団社長に就いた。今年、10年ぶりの優勝を果たしたことで、着任から7年半の苦労や思いがさまざまに駆け巡ったはずだ。

「ほかの球団は、みんな100万都市に立地しているため、ライオンズに比べて集客はしやすい。ライオンズは所沢市(埼玉県)なので、そうはいきません。そこで、僕がここに来る前の2008年から、チーム名に埼玉を冠して『埼玉西武ライオンズ』としました。埼玉を冠することで、埼玉県内の各市も巻き込んだ地域密着型チームを打ち出したわけです」

 居郷が着任した2011年、西武ライオンズは初めて黒字化し、以来、7期連続で営業黒字を維持している。そこには当然、観客動員力を底上げするための不断の努力があった。

「一言で言えば、野球だけではない楽しみ方を提供することでファンを増やし、観客動員も伸ばしました。たとえば、人気アニメの声優を招いて、選手の呼び出しのアナウンスを担当してもらうイベントもやった。野球ファンじゃない方も、それ目当てに来てくださるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る