山里亮太が“好感度バブル”崩壊で大ピンチ…日テレ「DayDay.」視聴率不振の“戦犯”扱い

公開日: 更新日:

 日本テレビ系の朝の情報番組「DayDay.」のMCを務める南海キャンディーズの山里亮太(47)が大ピンチだ。昨年4月からスタートした同番組の視聴率が上向かず、現在、共にMCを務める元NHKアナの武田真一(56)と日テレアナの黒田みゆ(25)の中で、山里だけが外されかねない危機に陥っているというのだ。

「現代ビジネス」は5日、〈「そもそも朝から見たくない…」『DayDay.』低迷の原因、と批判されている「MCの名前」と「破格のギャラ」〉との強めのタイトルで、同番組の視聴率不振の原因が山里にあること、そして年間約1億5000万円という山里の高額ギャラについて伝えている。

「数字が上向かないと早ければ10月、遅くとも来年3月には山ちゃんだけ降板という話が出ています」という局員のコメントも掲載している。  

 別の日テレ関係者はこう話す。

「番組開始から1年経ちましたが、9時スタートの情報番組という視聴習慣は根付かず、直前の『ZIP!』は世帯で4~5%ありますが、『DayDay.』の時間になると2~3%と約半分にダウンしてしまいます。8時からやっているテレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』やフジテレビの『めざまし8』にチャンネルを替えられてしまうんです。また、日によっては、独自のバラエティー路線で、2~4%くらいは数字があるTBS『ラヴィット!』にさえ負けてしまうこともあります」

 しかし、山里が完全な“戦犯扱い”とは、話は穏やかではないのだが、実際のところどうなのか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ