借金生活に逆戻り…「野性味」標榜の巨人に深刻“屋外恐怖症”

公開日: 更新日:

「うちはナイターの日でもクソ暑い昼くらいから毎日早出練習。夏に東京ドームに遠征に来ると、『ここは涼しくて体が楽だなあ』って思う。巨人の選手は冷房がガンガン効いている環境に慣れてしまっている。外に出たら体がきついでしょうね。本拠地が外のウチとか阪神の選手は外に免疫ができているんです」

 巨人は7月は球宴を挟んで屋外球場の試合が10試合続く。8月は26試合中9試合しかないのはラッキーだが、勝負どころの9月に入ると8試合続けて外になる。

 貧打同様、ナインが「野性味」に欠けるのもまた、巨人が弱い要因である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る