巨人「高速マシン」打撃練習に“落とし穴” 敵軍コーチが発見

公開日: 更新日:

 巨人が貧打解消策として、春季キャンプなどで行った高速マシン打撃練習を再び導入している。

 開幕後は封印していたが、17日の全体練習から復活。19日の中日戦の試合前練習でも継続し、球速は145キロに設定。マウンドより前に設置しているため、打者の体感速度は150キロを優に超える。

 1勝2敗に終わった中日3連戦は、12安打5点、8安打7点、6安打3点。安打の内訳は、初戦は大野から7、又吉から3、福谷から2。2戦目はバルデスから4、田島、西川から2ずつ。3戦目は山井から6。確かに中日救援陣は150キロ前後の速球派が多い。原監督は一定の効果が出たと見て、主催試合では継続する考えのようだ。

 室内練習場での個人練習やキャンプでは当たり前のマシン打撃。だが、試合直前に150キロ超の快速球を体感させるのは珍しい。この光景を見た中日のあるコーチは言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る