3連敗で借金生活…巨人・原監督に蘇る06年の“トラウマ”

公開日: 更新日:

 巨人が3連敗で借金生活に突入した。

 24日のDeNA戦も最近の負けパターンだった。初回に一塁・阿部の緩慢な守備のスキを突かれて1点を失うと、打線はDeNA先発の19歳・砂田を打ちあぐね、5回1失点の好投を許した。

 救援陣も踏ん張れない。1-1の八回にマウンドに上がった2番手・山口がバルディリスに適時打を浴び、1死しか奪えずに降板。12連敗中だったDeNAにとどめを刺すどころか、連敗を食らう赤っ恥だ。

 打線は長野のソロ本塁打の1点のみ。リーグワースト2位のチーム打率.238は一向に上昇する気配はない。毎度毎度の貧打に原監督は「こういう状態は珍しい。もがくのも勝負師、武士らしくあって欲しい」と苦言である。

 ここ5カードは2勝12敗。6月は5勝12敗となった。71試合目で35勝36敗と黒星が先行。阪神に抜かれ、首位から陥落した。原監督は「まだ半分だろ」と強がるも、不吉なことに今季と酷似している年があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る