名門復活へ 上原と田沢のRソックスがFA左腕と270億円合意

公開日:  更新日:

 メジャーでまた大型契約が結ばれそうだ。

 上原、田沢の所属するレッドソックスが今オフFA市場の目玉左腕であるデービッド・プライス(30=前ブルージェイズ)と7年総額2億1700万ドル(約266億5000万円)で合意に達したという。1日(日本時間2日)、レッドソックスの地元紙「ボストン・グローブ」(電子版)が伝えている。

 年俸総額はドジャースの左腕クレイトン・カーショウが14年に交わした7年2億1500万ドル(約264億900万円)を抜いて投手では最高額。平均年俸3100万ドル(約38億円)はタイガースの主砲M・カブレラと並ぶ高給取りになる。複数の米メディアによれば、3年目の18年シーズン終了後にプライスが契約を破棄して再度、FAになる条項も盛り込まれるなど、超一流選手の待遇だ。

 07年ドラフトの全体1巡目でレイズに入団したプライスは通算104勝56敗、防御率3.09。12年には20勝(5敗)をマークし、サイ・ヤング賞に選ばれた。18勝(5敗)を挙げた今季は7月末にタイガースからブルージェイズに移籍。新天地では9勝をマークする期待通りの働きを見せて22年ぶりの地区優勝に貢献した。

 今オフのFA市場ではプライスの他に13年の最多勝右腕J・ジマーマン(前ナショナルズ)がタイガースと契約するなど大物投手が続々と決まりつつある。

 岩隈、前田ら日本人投手の周囲も騒がしくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る