名門復活へ 上原と田沢のRソックスがFA左腕と270億円合意

公開日:  更新日:

 メジャーでまた大型契約が結ばれそうだ。

 上原、田沢の所属するレッドソックスが今オフFA市場の目玉左腕であるデービッド・プライス(30=前ブルージェイズ)と7年総額2億1700万ドル(約266億5000万円)で合意に達したという。1日(日本時間2日)、レッドソックスの地元紙「ボストン・グローブ」(電子版)が伝えている。

 年俸総額はドジャースの左腕クレイトン・カーショウが14年に交わした7年2億1500万ドル(約264億900万円)を抜いて投手では最高額。平均年俸3100万ドル(約38億円)はタイガースの主砲M・カブレラと並ぶ高給取りになる。複数の米メディアによれば、3年目の18年シーズン終了後にプライスが契約を破棄して再度、FAになる条項も盛り込まれるなど、超一流選手の待遇だ。

 07年ドラフトの全体1巡目でレイズに入団したプライスは通算104勝56敗、防御率3.09。12年には20勝(5敗)をマークし、サイ・ヤング賞に選ばれた。18勝(5敗)を挙げた今季は7月末にタイガースからブルージェイズに移籍。新天地では9勝をマークする期待通りの働きを見せて22年ぶりの地区優勝に貢献した。

 今オフのFA市場ではプライスの他に13年の最多勝右腕J・ジマーマン(前ナショナルズ)がタイガースと契約するなど大物投手が続々と決まりつつある。

 岩隈、前田ら日本人投手の周囲も騒がしくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る