• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケン直訴も…メジャー挑戦のカギ握る広島・黒田の去就

「来週末くらいには方向性を」

 メジャー挑戦を直訴した前田の希望を容認するか否かについて、広島の鈴木球団本部長がこう言って、一つの区切りを設けた。

 広島OBは「11月30日に行われる選手会納会がカギを握るんじゃないか」と、こう続けた。

「納会にはシーズン終了後にロスに戻った黒田博樹(40)が出席する可能性がある。黒田は40歳の体にムチ打って11勝を挙げるも、現役続行か引退か去就を明らかにしていない。もし納会不参加となっても、近日中には来日することになっているから、そこで球団と来季について話し合うはず。チーム内では、黒田の現役続行を熱望する選手、関係者が納会、納会ゴルフで黒田に残留を願い出るつもりだと聞いている。男気のある黒田だから、彼らの熱意をむげにはできないだろう」

 広島にとっては、前田と黒田が同時に退団されたら困る。軸になる投手が2人も欠ければ来季は苦戦必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事