• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米移籍秒読みマエケン 「意中球団はドジャース」の本音と根拠

「来年は海の向こうでプレーする可能性が高い」

 代理人関係者がこう言った。今オフ、ポスティングによるメジャー挑戦が噂される広島の前田健太(27)のことだ。

 16日、「プレミア12」の準々決勝・プエルトリコ戦に先発。7回4安打無失点と好投し、準決勝進出に貢献した日本のエースは今大会終了後、広島と今オフのメジャー挑戦について正式に話し合いを行う。

 昨オフ、広島はポスティングを認めなかったが、前田は「来年いければいいと思う」と話していた。鈴木球団本部長も「エースらしい働きをしてくれれば検討する。大事な試合に勝ち、チームメートやファンからも『良くやってくれた』と言われることを求めている」と“条件設定”。今季は4位に沈んだものの最多勝のタイトルに加えて沢村賞も受賞した。

「今季はエースとして十分な働きをした。ファンも同僚選手も納得して背中を押すだろうし、球団としてもさすがに認めるはずです。海外FA権を取得するのは再来年オフですが、現行のポスティング制度が来年オフに消滅する可能性がある。今オフであれば、確実に上限の入札金(20億円)が手に入る。来季去就を明言していない黒田が現役続行に傾いてもいるそうで、これも追い風になります」(前出の代理人関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る