• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米移籍秒読みマエケン 「意中球団はドジャース」の本音と根拠

「来年は海の向こうでプレーする可能性が高い」

 代理人関係者がこう言った。今オフ、ポスティングによるメジャー挑戦が噂される広島の前田健太(27)のことだ。

 16日、「プレミア12」の準々決勝・プエルトリコ戦に先発。7回4安打無失点と好投し、準決勝進出に貢献した日本のエースは今大会終了後、広島と今オフのメジャー挑戦について正式に話し合いを行う。

 昨オフ、広島はポスティングを認めなかったが、前田は「来年いければいいと思う」と話していた。鈴木球団本部長も「エースらしい働きをしてくれれば検討する。大事な試合に勝ち、チームメートやファンからも『良くやってくれた』と言われることを求めている」と“条件設定”。今季は4位に沈んだものの最多勝のタイトルに加えて沢村賞も受賞した。

「今季はエースとして十分な働きをした。ファンも同僚選手も納得して背中を押すだろうし、球団としてもさすがに認めるはずです。海外FA権を取得するのは再来年オフですが、現行のポスティング制度が来年オフに消滅する可能性がある。今オフであれば、確実に上限の入札金(20億円)が手に入る。来季去就を明言していない黒田が現役続行に傾いてもいるそうで、これも追い風になります」(前出の代理人関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る