野茂超えのデータも 今オフFA岩隈“ノーノー”の市場価値

公開日: 更新日:

 12日(日本時間13日)のオリオールズ戦で無安打無得点を達成したマリナーズ・岩隈久志(34)の市場価値が急騰しそうだ。

 今季は開幕早々、右僧帽筋を痛めて故障者リスト(DL)入りし、約3カ月間、戦列を離れた。4月は3試合で0勝1敗、防御率6・61と絶不調ながら、今季限りで契約が切れるため、トレード期限が終了する7月には他球団からのオファーが殺到した。親会社の米国任天堂の意向もあり、移籍は実現しなかったが、今オフのFA市場の目玉のひとりだ。

■市場価値は1000万ドルアップ

 今季年俸は700万ドル(約8億4000万円)。日本人投手では野茂英雄(96年、01年)以来2人目のノーヒッターとなった岩隈の年俸はどれぐらい跳ね上がるのか。

「今季前半の不調と故障を差し引いても大型契約を交わせるでしょう。7月に復帰してからは、8月2日のツインズ戦で8回3分の2まで無失点(勝敗なし)と好投するなど安定した投球を続けている。メジャー初完封を無安打無得点で飾り、完投能力をアピールした。今回のノーヒットノーランで市場価値は1000万ドル(約12億4000万円)はアップしたのではないか。3年総額5000万ドル(約62億2000万円)が相場。球団によっては4年総額6000万ドル(約74億6000万円)でオファーする可能性もあります」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る