野茂超えのデータも 今オフFA岩隈“ノーノー”の市場価値

公開日:  更新日:

 12日(日本時間13日)のオリオールズ戦で無安打無得点を達成したマリナーズ・岩隈久志(34)の市場価値が急騰しそうだ。

 今季は開幕早々、右僧帽筋を痛めて故障者リスト(DL)入りし、約3カ月間、戦列を離れた。4月は3試合で0勝1敗、防御率6・61と絶不調ながら、今季限りで契約が切れるため、トレード期限が終了する7月には他球団からのオファーが殺到した。親会社の米国任天堂の意向もあり、移籍は実現しなかったが、今オフのFA市場の目玉のひとりだ。

■市場価値は1000万ドルアップ

 今季年俸は700万ドル(約8億4000万円)。日本人投手では野茂英雄(96年、01年)以来2人目のノーヒッターとなった岩隈の年俸はどれぐらい跳ね上がるのか。

「今季前半の不調と故障を差し引いても大型契約を交わせるでしょう。7月に復帰してからは、8月2日のツインズ戦で8回3分の2まで無失点(勝敗なし)と好投するなど安定した投球を続けている。メジャー初完封を無安打無得点で飾り、完投能力をアピールした。今回のノーヒットノーランで市場価値は1000万ドル(約12億4000万円)はアップしたのではないか。3年総額5000万ドル(約62億2000万円)が相場。球団によっては4年総額6000万ドル(約74億6000万円)でオファーする可能性もあります」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る