野茂超えのデータも 今オフFA岩隈“ノーノー”の市場価値

公開日:  更新日:

 12日(日本時間13日)のオリオールズ戦で無安打無得点を達成したマリナーズ・岩隈久志(34)の市場価値が急騰しそうだ。

 今季は開幕早々、右僧帽筋を痛めて故障者リスト(DL)入りし、約3カ月間、戦列を離れた。4月は3試合で0勝1敗、防御率6・61と絶不調ながら、今季限りで契約が切れるため、トレード期限が終了する7月には他球団からのオファーが殺到した。親会社の米国任天堂の意向もあり、移籍は実現しなかったが、今オフのFA市場の目玉のひとりだ。

■市場価値は1000万ドルアップ

 今季年俸は700万ドル(約8億4000万円)。日本人投手では野茂英雄(96年、01年)以来2人目のノーヒッターとなった岩隈の年俸はどれぐらい跳ね上がるのか。

「今季前半の不調と故障を差し引いても大型契約を交わせるでしょう。7月に復帰してからは、8月2日のツインズ戦で8回3分の2まで無失点(勝敗なし)と好投するなど安定した投球を続けている。メジャー初完封を無安打無得点で飾り、完投能力をアピールした。今回のノーヒットノーランで市場価値は1000万ドル(約12億4000万円)はアップしたのではないか。3年総額5000万ドル(約62億2000万円)が相場。球団によっては4年総額6000万ドル(約74億6000万円)でオファーする可能性もあります」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る