相場は3年54億円とも…マ軍岩隈に早くも「高額争奪戦」気配

公開日:  更新日:

 今季、無安打無得点試合を達成した日本人右腕の周囲が騒がしくなってきた。

 マリナーズはFA権を取得した岩隈久志(34)にクオリファイング・オファー(QO)を提示するという。3日(日本時間4日)、球団の公式サイトなど複数の米メディアが報じた。

 QOは球団側が再契約を希望する選手に対して1年契約で規定額の年俸(今季は1580万ドル=約18億9600万円)を提示するもの。岩隈がQOを受諾する場合、13日までに返答するが、過去にQOで合意した選手は皆無だ。FA市場に出れば複数年契約など好条件でのオファーが期待できるからだ。

 米メディアによれば、来年の4月で35回目の誕生日を迎える岩隈は複数年契約を希望しており、「3年総額4500万ドル(約54億円)」のオファーが見込めるとしている。

 今季の岩隈は20試合で9勝5敗、防御率3.54。8月12日のオリオールズ戦ではノーヒットノーランを達成した。岩隈に関心を寄せる球団は少なくないだけに、争奪戦に発展するのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る