「発達障害とはなにか誤解をとく」古荘純一著

公開日:

 自閉症、アスペルガー症候群、ADHDなど、著名人が自分は「発達障害」だと告白するケースが近年になって増えている。そうした影響もあり、社会的にも発達障害に対する「興味」や「関心」が持たれるようになった。しかし、病気についての「理解」が深まるどころか、むしろ「誤解」を生んでしまっていると小児科医・小児精神科医の著者は言う。

 インターネットなどで喧伝されている不正確な情報に影響され、よくわからないままレッテルを貼ったり、自分は発達障害に違いないと思い込んでいるケースも少なくない。

 本書では、発達障害は個性を超えた「脳を基盤とする精神神経疾患」であるとの考えに立ち、正しく理解するための情報がわかりやすく解説されている。まずは発達障害の若者たちがどんな生活を送っているのかについて数多くの事例を挙げ、世間に広まっている誤解を解いていく。また、発達障害の症状を正しく説明し、最新の脳や遺伝子研究についても紹介する。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る