「発達障害とはなにか誤解をとく」古荘純一著

公開日: 更新日:

 自閉症、アスペルガー症候群、ADHDなど、著名人が自分は「発達障害」だと告白するケースが近年になって増えている。そうした影響もあり、社会的にも発達障害に対する「興味」や「関心」が持たれるようになった。しかし、病気についての「理解」が深まるどころか、むしろ「誤解」を生んでしまっていると小児科医・小児精神科医の著者は言う。

 インターネットなどで喧伝されている不正確な情報に影響され、よくわからないままレッテルを貼ったり、自分は発達障害に違いないと思い込んでいるケースも少なくない。

 本書では、発達障害は個性を超えた「脳を基盤とする精神神経疾患」であるとの考えに立ち、正しく理解するための情報がわかりやすく解説されている。まずは発達障害の若者たちがどんな生活を送っているのかについて数多くの事例を挙げ、世間に広まっている誤解を解いていく。また、発達障害の症状を正しく説明し、最新の脳や遺伝子研究についても紹介する。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る