「発達障害とはなにか誤解をとく」古荘純一著

公開日: 更新日:

 自閉症、アスペルガー症候群、ADHDなど、著名人が自分は「発達障害」だと告白するケースが近年になって増えている。そうした影響もあり、社会的にも発達障害に対する「興味」や「関心」が持たれるようになった。しかし、病気についての「理解」が深まるどころか、むしろ「誤解」を生んでしまっていると小児科医・小児精神科医の著者は言う。

 インターネットなどで喧伝されている不正確な情報に影響され、よくわからないままレッテルを貼ったり、自分は発達障害に違いないと思い込んでいるケースも少なくない。

 本書では、発達障害は個性を超えた「脳を基盤とする精神神経疾患」であるとの考えに立ち、正しく理解するための情報がわかりやすく解説されている。まずは発達障害の若者たちがどんな生活を送っているのかについて数多くの事例を挙げ、世間に広まっている誤解を解いていく。また、発達障害の症状を正しく説明し、最新の脳や遺伝子研究についても紹介する。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る