吹石一恵が本格的に女優復帰?「アンチヒーロー」出演で福山雅治との“離婚危機説”再燃を心配する声も

公開日: 更新日:

《約8年ぶりの女優復帰》などと話題になっている。長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」第4話(5日放送)にサプライズ登場した吹石一恵(41)。

「吹石さんは2015年9月に福山雅治さんと結婚し、翌16年12月に第1子の誕生を公表。その後、仕事をセーブしていたような印象ですが、NHKのドキュメンタリー番組のナレーションなど、何もしていなかったわけじゃありません。ただ、女優としての出演は16年公開の映画以来。今回は写真に写った姿でチラッと登場しただけなのに話題になるというのは、注目度の高さをうかがわせます」(スポーツ紙芸能デスク)

 ネタバレになるので詳しくは本編で確認してほしいが、吹石が「アンチヒーロー」の今後のストーリーに深く絡んでくるのは間違いなさそうだ。《吹石さんの顔が見られて嬉しい》《吹石さんが出てきてビックリした》などなど、ネット上は“ウエルカム状態”に。

「『アンチヒーロー』が、業界内外で《今期ナンバーワン》ともっぱらなのもうなずけますね。話が進むごとに考察も活発になっていますし、長谷川さんと野村萬斎さんの表情だけで見せる顔芸もウケている。そこへ新たに吹石さんに加えて、さらに藤木直人さんというビッグネームも謎めいた形でサプライズ投入。これでもか、というぐらいに視聴者を引くつける仕掛けに抜かりがないですよね」(在京キー局プロデューサー)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ