著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

木村拓哉vs長谷川博己"ガチンコ勝負"を和ませる鈴木京香の存在 2人の主演ドラマが大接戦

公開日: 更新日:

 木村拓哉(51)と長谷川博己(47)が、4月期ドラマの王者の椅子をめぐり、つばぜり合いをしている。長谷川主演の"TBS日曜劇場"枠『アンチヒーロー』の初回視聴率は昨今の連ドラ事情からすれば上々の11%台半ばだったのだが、木村の"テレビ朝日系木曜ドラマ"枠『Believe-君にかける橋-』が0.2ポイントの僅差で『アンチ~』を上回った。そのため、テレ朝側からは「さすがキムタク、持っているものが違う!」、TBSからは「まだほんの序の口。本当に面白くなるのはこれからだから…」とも聞こえてきて、まさにガチンコ勝負の様相だ。

 木村と長谷川の視聴率争いはこれが初めてではない。今から7年前の"TBS日曜劇場"枠で、2人はスタッフを巻き込む激しい視聴率争いを繰り広げた。2017年1月期は木村が主演の『A LIFE~愛しき人~』、続く4月期は長谷川が主演で『小さな巨人』と、クールは違えど同じドラマ枠で比較対照されたのだ。

 この時の木村は前年に起きた『SMAP』の解散騒動の渦中にいて、まるで"解散の原因はキムタク"のように言われ、その絶対的な人気に陰りが見え始めた頃で、長谷川は翌年の朝の連続テレビ小説『まんぷく』への出演に繋がるようにジワジワと好感度を上げてきていた最中だった。結果は、平均視聴率こそ木村が勝ったものの、最終話だけを見てみればその視聴率は長谷川が上回る"痛み分け"に終わった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント