「健康診断は受けてはいけない」近藤誠著

公開日: 更新日:

 3月に入り、健康診断のシーズンがやってきた。職場健診や人間ドックを受ける人も多いだろう。しかし、こうした健康な人向けの検査が「より健康になる」「寿命を延ばす」というデータはないという。

 確かに、女性よりはるかに多く健診を受けている男性の平均寿命が女性より6歳も短いのはなぜなのか。性差や肉体的・精神的に疲労の差を考えたとしても、本当に健診に効果があるのか疑問だ。著者に言わせると健康に貢献するというより、むしろ過剰な医療介入を招くキッカケになり、健康を損ねたり短命になりかねないという。実際、米国では前立腺がん検診や乳がん検診に使われるマンモグラフィーを否定する政府機関の見解が報告され、昨年には世界有数の総合医学雑誌に「なぜこれまで一度も、がん検診による救命が示されていないのか」との論文が掲載されたという。(文芸春秋 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  4. 4

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  7. 7

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  8. 8

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    広瀬すずも「のん」の二の舞か…ギャラ“最高”も尽きぬ不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る