日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アラフィフ応援歌リリース 元ル・クプルと柴門ふみの気概

 歌手の藤田恵美(50)が5日、新アルバム「ありがとう~あなたの詩 わたしの歌~」発売記念イベントを行った。

 夫婦デュオ「ル・クプル」でリリースした「ひだまりの詩」のミリオンヒットから17年。アルバム収録曲の「ありがとう人生」は、作家の柴門ふみ(57)が20年ぶりに作詞したことでも話題で、アラフィフ女性の“応援ソング”として広く支持されそうなのである。

 一般女性50人を招待したイベントには柴門氏も登壇し、トークショーが行われた。

 ――50代になって何か感じることは?
「物事には表と裏、光と影があるが、それを受けた時にどう立ち向かうのかということが分かった」(藤田)
「気力体力は衰え、何事にも限りがあることを確信するが、その中でどう生きるか。今の気力は愛犬からもらってます」(柴門)

 オンナは強い……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事