• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファンも安堵…「島耕作」が会長就任後、初の濡れ場

 発売中の漫画誌「モーニング」第9号(2月13日号)に掲載された「会長 島耕作」第13話が話題を呼んでいる。昨年7月に連載が始まって以来、つまり島耕作(66)が会長就任後、ようやく濡れ場が“解禁”されたからだ。

 島の情事のお相手は、25年に及ぶ交際の後、一昨年に結婚した妻の久美子(45・旧姓は大町)。ラブラブ夫婦はなんと、久美子が着物を着たままの「昆布巻き」合体だから、熟年夫婦とは思えない過激さだ。

 設定は2014年の元旦。着物の着付けから帰宅した久美子は、夫の島がおせち料理で昆布巻きが大好物と知るや、「じゃ昆布巻きしようか」と島を誘う。ソファに座ったままの島に「和服だから下着は付けてないし」と上からまたがって……実に官能的なシーンだ。

■「生涯現役」と絶賛の声も

 シリーズ連載30年記念版「島耕作クロニクル」によれば、島は2010年時点で22人の女性と合計65回エッチ。仕事もデキるし女性にもモテるキャラクターは、ビジネスマンの永遠の憧れだが、激モテ絶倫男もはや「緑寿」(66歳の意)。前シリーズ「社長編」では、約3年間の連載で濡れ場がわずか3回しかなく、「会長編」では島の“益荒男(ますらお)”ぶりは見られないのではと諦めの声が多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る