ファンも安堵…「島耕作」が会長就任後、初の濡れ場

公開日:  更新日:

 発売中の漫画誌「モーニング」第9号(2月13日号)に掲載された「会長 島耕作」第13話が話題を呼んでいる。昨年7月に連載が始まって以来、つまり島耕作(66)が会長就任後、ようやく濡れ場が“解禁”されたからだ。

 島の情事のお相手は、25年に及ぶ交際の後、一昨年に結婚した妻の久美子(45・旧姓は大町)。ラブラブ夫婦はなんと、久美子が着物を着たままの「昆布巻き」合体だから、熟年夫婦とは思えない過激さだ。

 設定は2014年の元旦。着物の着付けから帰宅した久美子は、夫の島がおせち料理で昆布巻きが大好物と知るや、「じゃ昆布巻きしようか」と島を誘う。ソファに座ったままの島に「和服だから下着は付けてないし」と上からまたがって……実に官能的なシーンだ。

■「生涯現役」と絶賛の声も

 シリーズ連載30年記念版「島耕作クロニクル」によれば、島は2010年時点で22人の女性と合計65回エッチ。仕事もデキるし女性にもモテるキャラクターは、ビジネスマンの永遠の憧れだが、激モテ絶倫男もはや「緑寿」(66歳の意)。前シリーズ「社長編」では、約3年間の連載で濡れ場がわずか3回しかなく、「会長編」では島の“益荒男(ますらお)”ぶりは見られないのではと諦めの声が多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る