原田知世 離婚直後に主演ドラマで“汚れ役”の絶妙タイミング

公開日:  更新日:

 首尾一貫。結婚も公式HPで報告していたが、別れる時までHPという徹底ぶりだ。昨年12月27日、8年前に結婚した日本人イラストレーターのエドツワキ氏(47)との離婚を発表した原田知世(46)。

「とにかく私生活がほとんど見えない。2人の間に子供はいないものの、夫婦仲は良好だと思われていました。離婚発表の1カ月前に開かれたドラマの制作発表会でも、“非常事態”はみじんも感じさせなかった。もっとも、このころには踏ん切りがついていたんでしょうけど……」(芸能ライター)

 離婚理由は明らかにしていないが、すれ違いの生活が重なった結果だという。原田のライブ打ち上げの席で知り合い、半年後の05年5月に電撃結婚。当時、〈突然の出会いが完ペキなタイミングで訪れたようでした〉とつづっていたが、終止符を打つタイミングもある意味、完ペキ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る