• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AV嬢自粛&お見合いも…明石家さんまを狙うハニートラップ

 年末年始の特番に出ずっぱりで、若手芸人を寄せ付けない存在感に“お笑い怪獣”健在を見せつけた明石家さんま。しかし、今年7月に還暦を迎えるとあって、最近のトーク番組では本気ともネタともとれる自虐的な話題を自ら振りまくっている。その代表ネタが、芸の衰えと再婚。どうやら老後について考え始めている節があるのだ。

 芸についてはかねて「年を取るとコンマ何秒の世界で反射神経が遅れる」と語り、「60歳で引退」を公言していたが、最近それを撤回。それでも、「最近は衰えを感じるようになったから後輩たちに後を任せたい」とも語るなど、“引き際”をネタにし続けている。

 再婚話も定番ネタ。特に最近は、「結婚生活をうまくやるには上っ面で付き合えばいいことがわかった。今なら結婚生活を持続させる自信がある」というネタがお気に入り。「相手がいれば結婚したい」と、妙に真剣に話したりする。そのうえ、年明け早々には知人の紹介で見合いをすることも明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る