新NHK朝ドラ「虎に翼」気になる3つのジンクス…「らんまん」「ブギウギ」の好調を引き継げるか

公開日: 更新日:

 昭和のスター笠置シズ子の半生を描いたNHK連続テレビ小説「ブギウギ」は、世帯視聴率こそ15%台とパッとしなかったが、主演の趣里の明るい歌と踊りでNHKもびっくりの盛り上がりとなった。続く「虎に翼」は、日本で女性初の弁護士や裁判所長になった三淵嘉子がモデル。主人公・猪爪寅子を演じる伊藤沙莉の演技力は折り紙付きで、「ひよっこ」の米屋の娘役以来の朝ドラ出演となる。

 “虎に翼”は中国歴史書のことわざで、強いものがいよいよ勢いづく意味という。

 寅子(愛称トラコ)は法律という翼を得て、男性支配の固陋な法曹界に敢然と立ち向かい、女性たちの新たな道を切り開いていく。奮闘するヒロインは朝ドラの定番テーマだが、「らんまん」「ブギウギ」と続いた好調を引き継げるか。

 ヒットする朝ドラには、いくつかの共通点がある。よくいわれるのが、タイトルに「ん」があると人気になるというもの。「おしん」や「おはなはん」の大ヒットから生まれた伝説で、なるほど「あまちゃん」「らんまん」もそうだ。でも、好評だった「エール」や「あさが来た」、いや「ブギウギ」も「ん」はない。逆に、「ちむどんどん」は「ん」が2つもついて大コケした。「虎に翼」に「ん」はないが、「ん」のジンクスは当てにならない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速