日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フライデー当夜も六本木で…明石家さんまの懲りない下半身

驚異のアラ還

「“またハメられたわ”って文句を言いながらも上機嫌で女の子を口説いていましたよ」(六本木の高級クラブ「F」のホステス)

 懲りない下半身というべきか、驚異のアラ還というべきか。明石家さんま(58)の夜遊び情報が漏れ伝わってきた。

 さんまは昨年末、立て続けに人気AV女優の紗倉まな(21)、優希まこと(23)とのお泊まりデートが発覚。百戦錬磨の彼女たちをして「下半身は30代」といわしめる益荒男(ますらお)ぶりを発揮していた。
 当のさんまは「またハニートラップに引っかかった」とこぼしていたが、勢いは止まらない。

 先週発売の写真誌「フライデー」には水着やドレスを扱うアパレル会社の美人社長との自宅密会シーンがバッチリ。女性がさんま宅を後にしたのは約9時間後。
 記者の直撃取材に「知らん言うてんねん」とトボけていたが、男女の仲であることは疑いようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事