• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フライデー当夜も六本木で…明石家さんまの懲りない下半身

驚異のアラ還

「“またハメられたわ”って文句を言いながらも上機嫌で女の子を口説いていましたよ」(六本木の高級クラブ「F」のホステス)

 懲りない下半身というべきか、驚異のアラ還というべきか。明石家さんま(58)の夜遊び情報が漏れ伝わってきた。

 さんまは昨年末、立て続けに人気AV女優の紗倉まな(21)、優希まこと(23)とのお泊まりデートが発覚。百戦錬磨の彼女たちをして「下半身は30代」といわしめる益荒男(ますらお)ぶりを発揮していた。
 当のさんまは「またハニートラップに引っかかった」とこぼしていたが、勢いは止まらない。

 先週発売の写真誌「フライデー」には水着やドレスを扱うアパレル会社の美人社長との自宅密会シーンがバッチリ。女性がさんま宅を後にしたのは約9時間後。
 記者の直撃取材に「知らん言うてんねん」とトボけていたが、男女の仲であることは疑いようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る