フライデー当夜も六本木で…明石家さんまの懲りない下半身

公開日: 更新日:

驚異のアラ還

「“またハメられたわ”って文句を言いながらも上機嫌で女の子を口説いていましたよ」(六本木の高級クラブ「F」のホステス)

 懲りない下半身というべきか、驚異のアラ還というべきか。明石家さんま(58)の夜遊び情報が漏れ伝わってきた。

 さんまは昨年末、立て続けに人気AV女優の紗倉まな(21)、優希まこと(23)とのお泊まりデートが発覚。百戦錬磨の彼女たちをして「下半身は30代」といわしめる益荒男(ますらお)ぶりを発揮していた。
 当のさんまは「またハニートラップに引っかかった」とこぼしていたが、勢いは止まらない。

 先週発売の写真誌「フライデー」には水着やドレスを扱うアパレル会社の美人社長との自宅密会シーンがバッチリ。女性がさんま宅を後にしたのは約9時間後。
 記者の直撃取材に「知らん言うてんねん」とトボけていたが、男女の仲であることは疑いようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る