日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片桐えりりかは「氷山の一角」 さんまを狙うセクシー女優達

 明石家さんま(58)とセクシー女優との「熱い関係」がまた話題になっている。“お相手”は、単体女優の片桐えりりか(22)。17日にオンエアされたネット生放送で、「さんまさんとやった」と暴露したのだ。

 片桐は身長158㌢、B86・W57・H87のダイナマイトボディーの持ち主で、2011年にAVデビュー。生放送中に視聴者と交流し、「今まで言ってなかったけど、やった芸能人はさんまさんだね」とポロリ。面識ができた後、自宅住所が記されたメールが届き、密会に至ったという。

 この一件で片桐は一気に“有名人”になったわけだが、さんまとセクシー女優の情事は今に始まったことではない。

 写真誌「フライデー」が2013年10月に人気女優の紗倉まな(20)と、11月には優希まこと(23)との“熱愛”を立て続けにスクープした。片桐によれば、「私じゃなく、みんな周りのV(AV)の子はヤッてて、<フライデーに持って行こうかな>と言ってる」という。実は今、セクシー女優たちにとって、さんまは“出世”へのステップになっているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事