日曜劇場「アンチヒーロー」ロケ地の新橋が話題! 酔いどれサラリーマンの街が“新たな聖地”に?

公開日: 更新日:

 長谷川博己(47)が主演を務める日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第3話が4月28日に放送され、平均世帯視聴率が10.4%だったことがわかった(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ=以下同)。

 第1話(4月14日)は11.5%、第2話(4月21日)は12.8%で、昨年7月期に同枠で放送されて大ヒットとなった「VIVANT」の第2話が11.9%だったため、“「VIVANT」超え”と話題になったが、今回は前回から2.4ポイント落とした。しかし、2桁台に乗るドラマが減っている中、2桁は維持した格好だ。

 主人公は“殺人犯である証拠が揃っていても無罪にしてしまう”明墨正樹弁護士(長谷川博己)。日本の刑事裁判での有罪率は99.9%といわれる中「“アンチ”な弁護士は正義か悪か!? 新たなヒーローがあなたの常識を覆す 逆転パラドックスエンターテインメント」と銘打たれている通り、予測のつかないダークヒーローの言動に、ネット上は早くも「考察合戦」が花盛りだ。

 同時に、ドラマの舞台として、サラリーマンの街として有名な「新橋」で多くのロケが行われていることも話題となっている。

「明墨弁護士の事務所は実在する『新橋駅前ビル1号館』にあるという設定で、明墨がビルの入り口に実際にある『開運狸』のお腹をなでて、裁判が有利に進むことを願うシーンも出てきます。また、事件関係者と話をするシーンでは、ガード下にある新橋の有名店『やきとん まこちゃん』が使われています。さらに部下の赤峰弁護士(北村匠海)と話すシーンでは、『新橋駅前ビル1号館』の屋上が使われています」(メディア関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方