日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

さんまをソデにして永井大を選んだ中越典子の「理想の家庭」

 俳優の永井大(35)と結婚を発表した女優の中越典子(34)。2010年1月期に放送された「サラリーマン金太郎2」(テレビ朝日系)でゲスト出演したのを機に主演の永井と意気投合し、同年春から交際が始まった。一昨年7月から都内のマンションで半同棲生活を送っているなど、ゴールイン秒読みだった。

 実は永井と交際直後に、お笑いタレント・明石家さんま(58)の再婚相手として報じられた。「古風な女性が好みのさんまに好かれた」(関係者)が、本人は報道をきっぱり否定。永井が中越との熱愛を宣言したため、さんまとの噂も消えた。当時、永井は中越を「すごく真面目。何かに取り組む姿勢を見ていて、喜びを感じています」とゾッコン。結婚についても前向きな姿勢を見せた。

 永井が「真面目」と絶賛する理由がある。NHK朝ドラの「こころ」(03年)のヒロインを射止めるまで、連続4回落選していた。だが執念で1989人の応募者から5度目で選ばれる。納得がいくまで頑張る姿勢は、仕事だけでなく結婚に対しても色濃い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事