萌景さんも時給200円時代が 地下アイドル“奴隷契約”の惨状

公開日: 更新日:

 最後の手段を選択するまでにどれほど追い詰められたのか――。

 愛媛県を拠点に活動する地下アイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん(享年16)の遺族が11日、都内で会見を行った。萌景さんは今年3月に自宅で首を吊って自殺。遺族は、自殺の原因が所属事務所「Hプロジェクト」によるパワハラや過労で精神的に追い詰められたためだとして、代表取締役の佐々木貴浩氏(50)らに約9200万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こした。

 11日の会見には母の幸栄さん(42)と姉の可穂さん(19)が出席。涙ながらに萌景さんが亡くなった経緯や悲惨なアイドル活動の実態を明らかにした。

 萌景さんは中2の夏に研修生としてグループに加入。しばらくして過酷な活動に耐えられず、事務所スタッフに「辞めたい」と伝えると「次また寝ぼけたこと言い出したらマジでぶん殴る」と言われたという。本格的に歯車が狂いだしたのは、県立松山東高の通信制に入学してから。通信制はイベントがある日曜日に授業があることが多く、学業とアイドル活動を両立するためには、平日に授業を受けられる全日制高校に入り直すしかないと決断した。それが佐々木社長の勧めだったこともあり、進学費用は事務所が貸してくれる約束だったが、萌景さんの母が「契約満了の2019年8月で辞めたい」と事務所スタッフに相談した途端に事務所は対応を豹変させたという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産み落とされた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗