萌景さんも時給200円時代が 地下アイドル“奴隷契約”の惨状

公開日:

 最後の手段を選択するまでにどれほど追い詰められたのか――。

 愛媛県を拠点に活動する地下アイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん(享年16)の遺族が11日、都内で会見を行った。萌景さんは今年3月に自宅で首を吊って自殺。遺族は、自殺の原因が所属事務所「Hプロジェクト」によるパワハラや過労で精神的に追い詰められたためだとして、代表取締役の佐々木貴浩氏(50)らに約9200万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こした。

 11日の会見には母の幸栄さん(42)と姉の可穂さん(19)が出席。涙ながらに萌景さんが亡くなった経緯や悲惨なアイドル活動の実態を明らかにした。

 萌景さんは中2の夏に研修生としてグループに加入。しばらくして過酷な活動に耐えられず、事務所スタッフに「辞めたい」と伝えると「次また寝ぼけたこと言い出したらマジでぶん殴る」と言われたという。本格的に歯車が狂いだしたのは、県立松山東高の通信制に入学してから。通信制はイベントがある日曜日に授業があることが多く、学業とアイドル活動を両立するためには、平日に授業を受けられる全日制高校に入り直すしかないと決断した。それが佐々木社長の勧めだったこともあり、進学費用は事務所が貸してくれる約束だったが、萌景さんの母が「契約満了の2019年8月で辞めたい」と事務所スタッフに相談した途端に事務所は対応を豹変させたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る