萌景さんも時給200円時代が 地下アイドル“奴隷契約”の惨状

公開日:

 最後の手段を選択するまでにどれほど追い詰められたのか――。

 愛媛県を拠点に活動する地下アイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん(享年16)の遺族が11日、都内で会見を行った。萌景さんは今年3月に自宅で首を吊って自殺。遺族は、自殺の原因が所属事務所「Hプロジェクト」によるパワハラや過労で精神的に追い詰められたためだとして、代表取締役の佐々木貴浩氏(50)らに約9200万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こした。

 11日の会見には母の幸栄さん(42)と姉の可穂さん(19)が出席。涙ながらに萌景さんが亡くなった経緯や悲惨なアイドル活動の実態を明らかにした。

 萌景さんは中2の夏に研修生としてグループに加入。しばらくして過酷な活動に耐えられず、事務所スタッフに「辞めたい」と伝えると「次また寝ぼけたこと言い出したらマジでぶん殴る」と言われたという。本格的に歯車が狂いだしたのは、県立松山東高の通信制に入学してから。通信制はイベントがある日曜日に授業があることが多く、学業とアイドル活動を両立するためには、平日に授業を受けられる全日制高校に入り直すしかないと決断した。それが佐々木社長の勧めだったこともあり、進学費用は事務所が貸してくれる約束だったが、萌景さんの母が「契約満了の2019年8月で辞めたい」と事務所スタッフに相談した途端に事務所は対応を豹変させたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る