萌景さんも時給200円時代が 地下アイドル“奴隷契約”の惨状

公開日: 更新日:

 最後の手段を選択するまでにどれほど追い詰められたのか――。

 愛媛県を拠点に活動する地下アイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん(享年16)の遺族が11日、都内で会見を行った。萌景さんは今年3月に自宅で首を吊って自殺。遺族は、自殺の原因が所属事務所「Hプロジェクト」によるパワハラや過労で精神的に追い詰められたためだとして、代表取締役の佐々木貴浩氏(50)らに約9200万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こした。

 11日の会見には母の幸栄さん(42)と姉の可穂さん(19)が出席。涙ながらに萌景さんが亡くなった経緯や悲惨なアイドル活動の実態を明らかにした。

 萌景さんは中2の夏に研修生としてグループに加入。しばらくして過酷な活動に耐えられず、事務所スタッフに「辞めたい」と伝えると「次また寝ぼけたこと言い出したらマジでぶん殴る」と言われたという。本格的に歯車が狂いだしたのは、県立松山東高の通信制に入学してから。通信制はイベントがある日曜日に授業があることが多く、学業とアイドル活動を両立するためには、平日に授業を受けられる全日制高校に入り直すしかないと決断した。それが佐々木社長の勧めだったこともあり、進学費用は事務所が貸してくれる約束だったが、萌景さんの母が「契約満了の2019年8月で辞めたい」と事務所スタッフに相談した途端に事務所は対応を豹変させたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る