今度はジョンヒョンが…“自殺者続出”韓国芸能界の深い闇

公開日:  更新日:

 韓国の男性アイドルグループ「SHINee(シャイニー)」のメーンボーカル、ジョンヒョンさんの自殺(享年27)は、グループ所属の大手芸能プロが「デマや臆測報道は控えて」と訴えるなど大騒動になっている。しかしながら友人アーティストに託されていた遺書がすぐさま公開されたり、「実は死んでいない」とする生存説まで飛び交うなど波紋は韓国社会全体に広がっている。

 この芸能プロ「SMエンタテインメント」はJYP、YGと並ぶ韓国3大事務所の一角で、日本でも人気の東方神起、少女時代、BoAらが所属。レコード会社も持ち、「SM帝国」とも呼ばれているという。今回のジョンヒョンさんの自殺と事務所の関わりは分かっていないが、過去には5人組だった東方神起の元メンバー3人が待遇を巡って事務所を提訴して辞め、2人組になる分裂騒動やトラブルも報じられている。芸能プロデューサーのイ・ビョンフン氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る