後を絶たない自殺…韓国人タレントなぜそれほど死を急ぐ

公開日:  更新日:

 韓流ドラマ「善徳女王」などで知られる俳優チョ・ミンギ(52)が9日、ソウル市内の自宅マンションの地下駐車場で首を吊って死んだ。母校の清州大学で教授を務めていた時のセクハラ疑惑が理由とされる。

 それにしても韓国人タレントの自殺が後を絶たない。昨年12月には、男性アイドルグループ「SHINee(シャイニー)」のメインボーカル、ジョンヒョン(27)が自殺。日本でも東京ドームで単独公演を行うなど人気絶頂だった。中高年読者には、「冬のソナタ」に出演したパク・ヨンハ(32)が10年に首吊りで命を絶っている。

 男性タレントだけではない。15年には、KARAの候補生で構成されたグループ「Baby KARA」のメンバー、ソジン(22)がKARAの新メンバーになれなかったことに絶望して自殺したほか、14年に歌手で女優のハンナ(33)、13年に女優のキム・スジン(38)、12年に女優のチョン・アユル(25)、11年に人気スポーツキャスターのソン・ジソン(29)、10年にタレントのパク・ヘサン(29)と“悲劇”が続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る