• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後を絶たない自殺…韓国人タレントなぜそれほど死を急ぐ

 韓流ドラマ「善徳女王」などで知られる俳優チョ・ミンギ(52)が9日、ソウル市内の自宅マンションの地下駐車場で首を吊って死んだ。母校の清州大学で教授を務めていた時のセクハラ疑惑が理由とされる。

 それにしても韓国人タレントの自殺が後を絶たない。昨年12月には、男性アイドルグループ「SHINee(シャイニー)」のメインボーカル、ジョンヒョン(27)が自殺。日本でも東京ドームで単独公演を行うなど人気絶頂だった。中高年読者には、「冬のソナタ」に出演したパク・ヨンハ(32)が10年に首吊りで命を絶っている。

 男性タレントだけではない。15年には、KARAの候補生で構成されたグループ「Baby KARA」のメンバー、ソジン(22)がKARAの新メンバーになれなかったことに絶望して自殺したほか、14年に歌手で女優のハンナ(33)、13年に女優のキム・スジン(38)、12年に女優のチョン・アユル(25)、11年に人気スポーツキャスターのソン・ジソン(29)、10年にタレントのパク・ヘサン(29)と“悲劇”が続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る