清掃代、葬式代もカバー 需要高まる「孤独死保険」の中身

公開日:

 最近のアパートの家主は、独居世帯の増加に頭を抱えているそうだ。内閣府によると、一人暮らしの高齢者(65歳以上)は、全国にざっと600万人(2015年)で、25年には700万人に膨らむという。

 そこで社会問題化しているのが孤独死だ。日本少額短期保険協会の調査では、孤独死の平均年齢は59歳。男性の場合は、仕事関係や管理会社、宅配業者などに発見されることが多いという。

 発見までに平均40日前後かかるので、異臭騒ぎを起こしてしまうケースも珍しくない。同協会は孤独死の後片付けにかかる費用を試算していて、清掃代などに60万円を必要としている。こうした費用は保証人が負担することになっているが、実際は家主が払うのがほとんど。保証人と連絡が取れないことが多いからだ。

 そこで需要が高まっているのが、賃貸物件のオーナー向けの保険。アイアル少額短期保険の「無縁社会のお守り」、e―Net少額短期の「Re―Room」などがそれだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る