家とクルマを守る 豪雨に備える「損害保険」の賢い選び方

公開日:

 先月、九州北部を襲った集中豪雨での支払保険金(見込み含む)は、現段階で23.2億円に上る(日本損害保険協会調べ)という。損害の一部だろうが、風水害の恐ろしさを物語る数字だ。

 集中豪雨やゲリラ豪雨での被害というと、土砂災害や風水害、落雷などが含まれる。マイカーが冠水して故障したり、大粒のひょうで車体が傷ついた場合などがそうだろう。

 こうした自然災害に対しては、損害保険で備えたい。たくさん種類があるので、住宅と車の被害を分けて考えると分かりやすい。まずは住宅。これはいわゆる火災保険で備える。

「火災保険は補償内容の違いによって、大きく2つに分けられます。主に火災による損害を補償する住宅火災保険と、水災もカバーする住宅総合保険です。水害や豪雨被害も補償するのは後者。加入する際は補償内容をキチンと確認して、住宅総合保険を選んでください」(日本損害保険協会広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る