家とクルマを守る 豪雨に備える「損害保険」の賢い選び方

公開日: 更新日:

 先月、九州北部を襲った集中豪雨での支払保険金(見込み含む)は、現段階で23.2億円に上る(日本損害保険協会調べ)という。損害の一部だろうが、風水害の恐ろしさを物語る数字だ。

 集中豪雨やゲリラ豪雨での被害というと、土砂災害や風水害、落雷などが含まれる。マイカーが冠水して故障したり、大粒のひょうで車体が傷ついた場合などがそうだろう。

 こうした自然災害に対しては、損害保険で備えたい。たくさん種類があるので、住宅と車の被害を分けて考えると分かりやすい。まずは住宅。これはいわゆる火災保険で備える。

「火災保険は補償内容の違いによって、大きく2つに分けられます。主に火災による損害を補償する住宅火災保険と、水災もカバーする住宅総合保険です。水害や豪雨被害も補償するのは後者。加入する際は補償内容をキチンと確認して、住宅総合保険を選んでください」(日本損害保険協会広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る