子連れ再婚「ステップファミリー」 複雑な悩みと解決策

公開日: 更新日:

 3組に1組以上の夫婦が離婚している。その離婚件数の増加に伴い、再婚件数も増えている。今やバツ2、バツ3は珍しくない。しかし、再婚にはさまざまな問題がつきまとう。特に子連れでの再婚でつくられる新しい家族「ステップファミリー」だ。

 ステップファミリーやひとり親家庭を支援するNPO「M―STEP」理事の新川てるえさんはこう話す。

「子供の年齢や、離別か死別かなど、子供の立場によって抱える問題はさまざまです。たとえば、歯みがきを朝起きてすぐにするか、朝食の後にするかというような、小さな生活習慣の違いでもこじれやすいのが継親子関係の難しいところです。継親は自分の価値観で育てようとしがちで、継子は慣れた生活習慣を変えられたり、考え方を押しつけられたりすることにストレスを感じてしまいます。子供が思い通りにならないと、継親は、『この子は苦手』となって……。そんなすれ違いが生じやすいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る