子連れ再婚「ステップファミリー」 複雑な悩みと解決策

公開日: 更新日:

 3組に1組以上の夫婦が離婚している。その離婚件数の増加に伴い、再婚件数も増えている。今やバツ2、バツ3は珍しくない。しかし、再婚にはさまざまな問題がつきまとう。特に子連れでの再婚でつくられる新しい家族「ステップファミリー」だ。

 ステップファミリーやひとり親家庭を支援するNPO「M―STEP」理事の新川てるえさんはこう話す。

「子供の年齢や、離別か死別かなど、子供の立場によって抱える問題はさまざまです。たとえば、歯みがきを朝起きてすぐにするか、朝食の後にするかというような、小さな生活習慣の違いでもこじれやすいのが継親子関係の難しいところです。継親は自分の価値観で育てようとしがちで、継子は慣れた生活習慣を変えられたり、考え方を押しつけられたりすることにストレスを感じてしまいます。子供が思い通りにならないと、継親は、『この子は苦手』となって……。そんなすれ違いが生じやすいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る