骨折した捨てネコのてまりちゃんが急回復 その裏は絶妙サポートと奇跡の連続だった

公開日: 更新日:

 今回は少し趣向を変えて、骨折したネコのてまりちゃんが奇跡の回復をみせたお話を紹介します。そこにワンちゃんの絶妙なサポートがあったのです。

 離乳したばかりのてまりちゃんが脚を骨折して当院に担ぎ込まれたのは昨年7月。親離れしたときに自転車やバイクにひかれたか、動物に襲われたのだと思われます。患部は完全に折れて、ブラブラ状態。保護した方はワンちゃんの散歩中に公園の草むらでうずくまっていた姿を見つけ、夜間救急病院を受診。十分な治療をしてもらえず、当院に来られました。

 骨折部位は骨が露出した開放骨折で感染を起こし、化膿していました。さらにノミの寄生もひどく、救急病院では野良の乳飲み子でしたから、院内感染を恐れて応急処置で帰されたのでしょう。その判断は仕方ないと思います。

 まず保護された方に治療に成功したときに飼う意思があるか確認すると、「ハイ」と即答されました。そうなれば、治療になります。

 当時、エサも口にできないほど衰弱がひどく、治療方針は栄養を確保しながら、ノミの駆除と化膿部位の洗浄で、その上で骨折治療としました。何とか命を救い、断脚も避ける方針で、もし断脚せざるを得ないとしても3本脚での生活を想定すると、骨折部分からの切断回避が狙いでした。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方