日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

軽自動車増税が引き金 スズキは外資メーカーの標的になる

 政府・与党は14年度の税制改正で、軽自動車税を増税する方針を固めた。軽自動車に強いスズキの鈴木修社長(83)は、当初から「弱い者イジメだ」と怒りをあらわにし、
 「所得の少ない人が仕事や生活に軽自動車を利用している」と反発。だが、増税の流れは変わらなかった。

「そもそも軽自動車税は米国がTPP交渉で持ち出した案件です。増税幅は別として、日本は他の交渉事を有利に進めるためにも受け入れるしかなかったでしょう」(市場関係者)

 自民税調は“弱い者イジメ批判”をかわすため、増税対象を新規購入に限る方針を打ち出したが、クルマはいずれ買い替える。利用者にとっては増税の先延ばしに過ぎない。

「現行は年7200円ですが、1.5倍にする案が有力です。こうなると、軽自動車を手放す人が続出するかもしれません。メーカーは売り上げ激減に襲われます。業界再編も視野に入ってきます」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事