• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日銀引き受けで赤字財政支える

 日銀の黒田総裁が就任して1年が過ぎた。大量の国債を引き受けてどんどん紙幣を刷る「異次元の金融緩和」は、円安を招き、景気回復に寄与したとの見方もある。はたして、そうだろうか。

 黒田総裁の異次元緩和は、2%の物価目標を掲げている。だが、2月の消費者物価指数の上昇率は1.5%。日銀が集計した「企業の物価見通し」も、1年後は1.5%で3年後も5年後も1.7%である。2%の目標達成は簡単ではない。

 価格の動向は、需給関係によって規定されるものだ。これは経済学のイロハのイである。しかも、今日の経済では、需要水準と供給力はいずれもグローバル規模だ。一国の金融政策や財政政策で需給関係に介入し、物価を一定レベルまで押し上げようというのは、どだい無理な話なのである。それがたとえ「異次元」であったとしても、効果が限定的になるのは当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る