• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの企業が虎視眈々 東芝「事業リストラ」で囁かれる身売り先

 東芝に対する市場の見方が一段と厳しくなっている。16日、株価は一時、年初来安値の361.2円まで売り込まれた。3月に付けた高値から32%の大幅下落だ。

「不適切会計は歴代社長の関与が指摘されるなど根が深い。金融庁も東芝の監査法人に立ち入り検査を行うといいます。不正が発覚した5月中旬には、これほどヒドイことになるとは思わなかった」(市場関係者)

 営業利益のカサ上げは2000億円に上る可能性がある。第三者委員会は16日、不適切会計は組織的だったと認定する方針を固め、報告書を来週20日前後にまとめる。これを受け、21日にも田中久雄社長が記者会見を行う予定だ。田中社長は経営陣の一新などを打ち出すだろうが、市場の関心は早くも次のテーマに移っている。

「東芝は事業売却を検討しています。家電や半導体など不採算部門が対象でしょう。買う側には、買い叩くチャンス。手ぐすね引いて待ち構えている企業はたくさんある」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る