あの企業が虎視眈々 東芝「事業リストラ」で囁かれる身売り先

公開日:  更新日:

 東芝に対する市場の見方が一段と厳しくなっている。16日、株価は一時、年初来安値の361.2円まで売り込まれた。3月に付けた高値から32%の大幅下落だ。

「不適切会計は歴代社長の関与が指摘されるなど根が深い。金融庁も東芝の監査法人に立ち入り検査を行うといいます。不正が発覚した5月中旬には、これほどヒドイことになるとは思わなかった」(市場関係者)

 営業利益のカサ上げは2000億円に上る可能性がある。第三者委員会は16日、不適切会計は組織的だったと認定する方針を固め、報告書を来週20日前後にまとめる。これを受け、21日にも田中久雄社長が記者会見を行う予定だ。田中社長は経営陣の一新などを打ち出すだろうが、市場の関心は早くも次のテーマに移っている。

「東芝は事業売却を検討しています。家電や半導体など不採算部門が対象でしょう。買う側には、買い叩くチャンス。手ぐすね引いて待ち構えている企業はたくさんある」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る