日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東芝・富士通・VAIO「PC3社統合」に早くも冷ややかな目

「FMVAIOブックになるのか?」と揶揄する声もある。東芝、富士通と、ソニーから昨年独立したVAIOの3社がパソコン事業を統合する検討に入ったと、4日付の日経新聞が報じた。3社が事業統合し、NECレノボを抜いて国内シェア首位に躍り出れば、部品調達のコストカットなどが期待できる。が、それで国際的に競争力が高いPCを生み出せるのかといえば、話は別だ。

 3社は年内にも基本合意し、来年4月に新体制を発足させたい考えという。スマホに押されっぱなしのパソコン業界の再編が加速しそうだが、ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「本当に統合効果があるのか、疑問です」とこう続ける。

「PCは今や『1台売っても儲けは数百円』なんて自虐ネタが飛び交うほど利幅が薄い。だから東芝も富士通も事業をリストラするわけで、コストカットによる低価格競争はもうジリ貧、勝ち目はない。かつてのアップルのiPadのようにサプライズのある製品を開発できるかが、生き残りのカギになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事