ハマスタ買収検討のDeNA “黒字化”までの果てしない道のり

公開日: 更新日:

 ホエールズ時代から幾星霜、念願の「自前球場」を持つことになりそうだ。

 DeNAは14日、本拠地として使用している横浜スタジアムの運営会社「株式会社横浜スタジアム」の買収に乗り出していることを明らかにした。

 池田球団社長は、「両者の間で合意は出来ています」と話し、さらに「(TOB=株式公開買い付け)は11月中に開始して1月には終了できれば」と、見通しを語った。買収額は100億円規模になるという。

 歴代の球団保有企業は高額なスタジアム使用料に泣かされてきた。広告収入と売店の売り上げは球団に一切入らず、年間数億円の使用料に加えて、チケット代金の25%(DeNA参入後は13%)も運営会社に支払う必要があった。DeNAは今年3月期の決算では野球事業で13億円の赤字だった。

 近年ではソフトバンクが12年に本拠地ヤフオクドーム(当時はヤフードーム)を870億円で買収している。球場買収に関わったソフトバンクの関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る