姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

東京都出身。中国ウォッチャー。1997年から上海で活動。現地で日本語情報誌を創刊し、日本企業の対中ビジネス動向について発信。2008年に同誌編集長を退任後、上海財経大学公共経済管理学院の修士課程修了。現在も上海を拠点に「中国の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、「アジア・ビズ・フォーラム」を主宰する他、複数の媒体で執筆している。著書に「中国で勝てる中小企業の人材戦略」(テン・ブックス)。

<第3回>キューバまで虎視眈々と狙うスマホメーカー

公開日: 更新日:
バングラデシュでも中国製スマホが当たり前(C)日刊ゲンダイ

 バングラデシュの首都ダッカでは、街のあちこちで中国製のスマートフォンが鳴り響く。「メード・イン・チャイナ」だと分かるのは、着信音に中国の伝統曲が使われているためだ。

 ミャンマーでも中国メーカーのスマホが市場の過半を占める。ミャンマー出身の在日ビジ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る