• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三菱自の燃費データ不正 警視庁と特捜部が「強制捜査」へ

 三菱自動車は11日、燃費データ不正問題の調査結果を国交省に報告した。しかし、説明がコロコロ変わる三菱自の報告はハナから信用されていない。警視庁などが国交省と連携して燃費偽装の全容解明に乗り出すのは時間の問題となってきた。

 4月20日の問題発覚後、三菱自は何度も記者会見をしたが、闇は深まるばかりだ。燃費偽装が誰の指示で始まったのか、偽装が「eKワゴン」など軽4車種にとどまるのか、車の所有者への補償方法はどうするのか、肝心なことが何ひとつ明らかにされていない。もはや企業としての自浄作用がまったく機能していないようだ。そこで今、ささやかれているのが、捜査機関による強制捜査だ。

「早ければサミット首脳会議が終了した来月上旬にも、警視庁と東京地検特捜部が連携して捜査に着手するといわれています。容疑は不正競争防止法違反。三菱自は社外の第三者委員会に調査を委ねていますが、その間にも多くのユーザーが対象車種の使用を続けています。ノラリクラリ時間稼ぎするのは許さないという強い姿勢を示すつもりでしょう」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る