三菱自の燃費データ不正 警視庁と特捜部が「強制捜査」へ

公開日:  更新日:

 三菱自動車は11日、燃費データ不正問題の調査結果を国交省に報告した。しかし、説明がコロコロ変わる三菱自の報告はハナから信用されていない。警視庁などが国交省と連携して燃費偽装の全容解明に乗り出すのは時間の問題となってきた。

 4月20日の問題発覚後、三菱自は何度も記者会見をしたが、闇は深まるばかりだ。燃費偽装が誰の指示で始まったのか、偽装が「eKワゴン」など軽4車種にとどまるのか、車の所有者への補償方法はどうするのか、肝心なことが何ひとつ明らかにされていない。もはや企業としての自浄作用がまったく機能していないようだ。そこで今、ささやかれているのが、捜査機関による強制捜査だ。

「早ければサミット首脳会議が終了した来月上旬にも、警視庁と東京地検特捜部が連携して捜査に着手するといわれています。容疑は不正競争防止法違反。三菱自は社外の第三者委員会に調査を委ねていますが、その間にも多くのユーザーが対象車種の使用を続けています。ノラリクラリ時間稼ぎするのは許さないという強い姿勢を示すつもりでしょう」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る