• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中央魚類・伊藤裕康会長<1>小池知事と対峙する“築地のドン”

2017年1月、記者の質問に答える中央魚類の伊藤裕康会長(C)共同通信社

 10月11日、豊洲市場が開場する。しかし、現在も追加の土壌汚染対策工事が進められていて、小池百合子都知事による安全宣言は出されていない。さらに、昨年6月に「築地を守る、豊洲は生かす」と発表したものの、豊洲移転後の築地市場の跡地の活用法については、いまだ不透明だ。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事