ハナツアージャパン・李炳燦社長<2>起業6年後にオファー

公開日:

 1996年、日大卒業とともに、日本にある台湾系インバウンド専門旅行会社「ワス」に入社する。韓国担当として仕事に取り組むと、通訳ガイド時代に築いた人脈を生かし、見る見る間に実績を上げていった。

 その一方で、社長との間に次第に摩擦が生じるようになっていく。

「個人客が増えるので、こういうことをやりましょう」などと社長に提案しても、なかなか返事をもらえず、じりじりすることも少なくなかった。

「いま思うと、私はガンガンいき過ぎたのかもしれませんが、意見がぶつかり合うようになり、最終的には、『君ひとりでやった方がいいんじゃないか』という提案もあって」、独立を決意する。

 99年、韓国向けのインバウンド専門旅行会社「宇進」を設立した。現在の親会社であるハナツアーとはワス入社当時から付き合いがあり、引き続き取引先となってくれたことで、宇進は順調な滑り出しを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る