日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

入団会見はファン公開? マー君いきなりヤ軍本拠地デビュー

 開幕前に本拠地でファンにお披露目されそうだ。ヤンキースと契約した田中将大(25)の入団会見がファンに公開して行われる可能性があるからだ。

 田中は4日に就労ビザを取得し、8日にも仙台での自主トレを打ち上げ、早ければ9日に渡米する見込みだ。複数の米メディアによれば、球団が現地時間10日にもニューヨークで予定されている入団会見にファンを招くことを検討しているという。

 移籍選手の入団会見に監督やチームの主力選手が同席することはある。03年の松井秀喜の入団会見にはジョー・トーリ監督(当時)やエース右腕のロジャー・クレメンスの他、マイケル・ブルームバーグ市長(当時)ら豪華な顔ぶれが並んだ。球団幹部らが出席することもあるが、ファンに公開して行うのは極めて異例だ。

 松井の入団会見には日米合わせて200人近い報道陣がつめかけた。米メディアは7年総額1億5500万ドル(約161億円)の大型契約が話題を呼んだことから、報道陣の数は松井を上回るとみている。

 契約同様、入団会見も型破りなものになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事