日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

井川の二の舞が心配…マー君にのしかかるヤ軍ナインからの重圧

 キャンプインを前に早くも期待が高まり始めた。チーム内から田中を持ち上げる声が相次いでいるからだ。

 2日(日本時間3日)にはヤンキースのエース左腕CC・サバシア(33)がスポーツ専門局「ESPN」のトークショーに出演。司会者から田中について聞かれると「24勝して防御率1点台なんだから、すごい投手だ」と絶賛。早くもエース級の待遇を受けていると振られると「仮に彼(田中)が開幕投手に指名されても気にしない。先発ローテーションの一角に加わるのはうれしく思うよ」と話した。

 田中の加入を巡っては、すでにヤンキースの主将であるデレク・ジーター(39)が「チームの大きな戦力になるはずだ。いい投手がいれば、それだけ勝つチャンスが増すだろう」と期待の高さを口にしている。

 07年には井川(現オリックス)が移籍金含めて総額4600万ドル(当時のレートで約48億円)で移籍。当初、ナインから歓迎されながらも、期待を裏切り、最後は総スカンを食らった。

 ナインの期待が田中には重圧にならないか心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事